『第3回 高齢社会を考えるシンポジウム』ポスターセッションに参加しました。

2013年11月2日(土)千葉大学 けやき会館にて開催された、第3回高齢社会を考えるシンポジウム 「”あかるい未来” 語ることからはじめよう」で、ポスターセッションに参加しました。

発表趣旨は、いのち輝く未来財団の運営する「メディカルズアイ」公開から6か月半、その成果・実績を集計し、考察したエッセンスの一部をまとめたものです。
千葉大学大学院 上野光一教授(薬学研究院 高齢者薬剤学研究室)と当財団で制作し、掲出されたポスターの要旨をご紹介します。

タイトル
「明るい高齢社会をささえるキュレーションサイトの構築」

研究内容
超高齢化社会において、生活者が医療者の発信する医療と健康に関する情報を共有し、それを紡ぐサイト「メディカルズアイ」を立ち上げました。
マルチデバイス時代の新Webサイトの半年間の成果と今後について、薬学部・薬剤師の立場から考えてみたいと思います。

みんなが医療と健康を紡ぐサイト『メディカルズアイ』概要
◇ 2013年3月15日、『メディカルズアイ』を公開した。
◇ 生活者にとって有益な「新しい医療情報メディア」が制作コンセプト。
◇ 医療者の執筆した「医療・健康に関するコラム」だけを集めた、新ウェブサイト構築が目標。
◇ マルチデバイス時代を意識してTwitter Facebook を組み入れた。
◇ 公開から、6.5月。コラム数は24から136へ、コラムニストは32から60へ、増加をたどった。
◇ 月間PV数は、9月・42,225、最高値を記録した。
◇ 当初の想定どおり、ゆるやかで安定した推移・成長と考える。
◇ 半年を経過して、新たな展開のための施策を検討したい。

結 論
◎高齢化社会において重要な地域医療連携での情報共有、
スピーディなコミュニケーションへの貢献が期待される。
その機能・役割
● 医療者と薬剤師がチームとして協働する際の双方向コミュニケーションツール
● 地域の医療関係者の“顔が見える関係”構築
● 高齢者、家族、関係者への情報提供、および双方向コミュニケーションの手段

明るい高齢社会をささえるキュレーションサイトの構築 PDF

トピックス
2016年8月30日
NEW! 活動報告